【2021年】オフショアジギングにおすすめのロッド5選

スポンサーリンク

タチウオなどライトなターゲットからカンパチなど幅広い魚が狙えるオフショアのジギング。細分化された各ジャンル解説のほか、本記事ではジギングの王道とも言えるブリ、ヒラマサなど青物を釣るための“近海の青物ジギングロッド”に的を絞りおすすめの1本、選び方を紹介します。

 

その他人気記事はこちら

青物ルアーおすすめ4選|ショアジギで“最強”と名高いメタルジグを超厳選!
【2021年おすすめ】オフショアジギングルアー7選
スポンサーリンク

青物用ジギングロッドの選び方

各メーカーのジギングロッドは、使用するメタルジグの重さや、ターゲットのサイズ、潮流、水深に合わせライトからヘビーなものまでラインナップされています。

最初の1本を選ぶのであれば長さ6〜6.5フィート程度、使用頻度の高い120〜200グラムのジグを扱える、PE4号クラスのロッドを選んでみましょう。

ヤズクラスはもちろん5〜6キロのハマチに、不意の10キロオーバーにも対応可能で汎用性もあり、ロケーション選ばず使えるので最適です。

よしお
よしお

私は主に佐田岬沖や玄界灘、隠岐の島あたりでジギングをしてますよ。

 

 

 

スピニングとベイトの違い

スピニングとベイトでは様々な要素が違いますが、ワンピッチジャークで巻き上げてくる釣りが中心になる青物ジギングではスピニングタックルが最初の一本ではおすすめです。

深場やバーチカル、フォール中心に攻めるスタイルでは、ボトムも取りやすくトルクのあるベイトタックルも好まれます。

どの海域でも巻き取り量100〜115cmほどを巻き取れるリールを選択することでどんなパターンの青物でも攻略することができます。

ジギングリールはどれにすればいい?スピニング編

 

使用できるジグの重量

メーカーの推奨して言える重量を超えても無理な使い方をしない限り、折れたことはありません。

私が主に使用しているグラップラータイプJ-3ですが、メーカー表記はMAXジグ表記180gですが、過去に350gまで使用してもあまり問題を感じませんでした。

おすすめのジギングロッド

 

 

基本となるタイプJは、各アイテムにスピニングとベイトの2タイプを展開。全12機種で主要なジギングシーンをカバーする。また、新設計のブランクスにはこの価格帯としては破格のスパイラルX、ハイパワーXを採用し、上位機種のノウハウを継承。軽く、強く、ブレない体幹に加え、スピニングの8パワーモデルとベイトの6、7、8パワーモデルにはダブルフットのオーシャンガイドを採用。スピニング&ベイトの6~8パワーモデルにはロングフロントグリップを、そして6、7パワーにはラバー製ギンバル、8パワーには、金属製ギンバルを装備し、大型青物に対応する。

 

ライトジギングロッドのエントリーモデル「VADEL BJ 」がフルモデルチェンジ。ライトジギングのエントリーモデル。レングスはすべて6.3ftに統一。パワーはスピニング、ベイトともH、XH、XXHに3パワーで展開
ライトジギングのオールラウンド・スピニングモデル。
大型タチウオ・サワラ・小型~中型青物などをターゲットとしたライトジギングの中心的モデル。湾口エリアにおけるPE1~1.5号・80g~150gクラスのジグによるワンピッチジャークやキャスト&横引きを主体とした、ライトジギングにベストなスタンダードスピニングモデル。携行性に優れたセンターカット2ピース構造を採用しながらもDAIWA独自の設計によりパワーロスのない曲がりを実現した。

 

ヒラマサやブリ狙いの基軸となる「S624」。潮流の速いエリアや、根の荒いポイントでも活躍。10kgオーバーとも対峙できるパワーを秘めたアイテム。
アグレッシブに水中を切り裂くマルチプレイヤー。「QUICK JERK」は青物の捕食行動を刺激するクイックなスライドアクションを追求。パワーを効率よく伝えるため反発力と軽量性に優れた中弾性カーボンを採用し、ワンピッチはもちろん、コンビジャークなどのマニュアル操作にも適応しやすいレギュラーファストテーパーに設計。繊細なティップが操作性と高感度を両立している。またロッドの体幹ともいうべきバットはパワフルで、高速ジャークにもブレ知らず。掛けてからは高いリフティング能力を発揮する。
柔と剛、ふたつの個性で青物を攻め落す!思い通りのジグアクションを楽しむロッド。
ジギングの本質はメタルジグを意のままに操り、その場の状況にアジャストしたジグアクションを演出すること。新生オシアジガーはその本質を深く追求、コンセプトに応じたロッドワークの実現を目指し、低反発系の「ナチュラルジャーク」と高反発系の「クイックジャーク」を提案。

 

キャスト&斜め引き対応の軽量ジギングロッド。
水深が浅いエリアや、魚が広範囲に散っている状況下でのキャスト&斜め引きジギングに適したモデル。最大180gクラスまでのジグのキャストを考慮し、ブランク素材はキャストしやすい適度な反発と、ジャーク時にはむやみにジグを暴れさせないことの両立を狙った中弾性カーボンで設計。ブリやサワラを始め中型ヒラマサがヒットしても、軽量、細身ブランクからは想像出来ないパワーで確実に魚を寄せることが出来るモデル。

 

 

近海ジギングのオールラウンダーモデル。
ドテラでのワンピッチジャークからバーチカルでのコンビネーションジャークと
幅広いシーンに適応し、軽快かつ快適な操作感でターゲットを魅了します。
感度性能も高く、ジグやリーダーへのアタックなど
針掛かりしない魚の「ジグへの纏わり付き」を素早く感知し
レスポンス良くテンポを切り替えて食わせのアクションに移行できます。
基本的には632Sのパワーアップモデルで、150g前後のジグを多用する場合は
633S、120g程度のジグを多用する場合は632Sをお選びください。

 

青物ジギングへGO!

ジギングの王道として日本全国で行われている近海青物ジギング。釣り方や自分に合ったロッドを見つけることは、楽しみでもありながら非常に悩むことだと思います。

是非この記事を参考にして、最初の一本を手に入れたら近海ジギングへ出かけてみてください。きっとジギングにハマってあなたのジギングライフが始まると思いますよ!

 

その他人気記事はこちら

青物ルアーおすすめ4選|ショアジギで“最強”と名高いメタルジグを超厳選!
【2021年おすすめ】オフショアジギングルアー7選

コメント

タイトルとURLをコピーしました