【2022年版】オフショアキャスティングロッド特集

オフショアキャスティングのロッドは様々な種類が発売されていますね。バスロッドほどの細分化はありませんが、オフショアロッドもターゲットの種類とともに多岐にわたっています。今回はロッド選びの基準と、おすすめロッドを価格帯別にご紹介します。

 

その他人気記事はこちら

ほぼステラは本当なのか?21ツインパワーを使ってみた感想
【2022年おすすめ】オフショアジギングルアー7選
【2022年版】ハイエンドモデルジギングロッド特集
【2022年版】美人釣りガール特選
青物ルアーおすすめ4選|ショアジギで“最強”と名高いメタルジグを超厳選!
スポンサーリンク

オフショアキャスティングロッドの選び方

 

オフショアキャスティング用のロッドは、シイラにヒラマサ、マグロやGTなど、魚種にあわせて様々な種類が発売されています。

長さは7〜9フィート前後で、ターゲットに応じたリフト力をもち、キャスティング性能とともに、いまやオフショアルアーに欠かすことのできないダイビングペンシルを扱える、しなやかなティップをもちあわせたタイプが主流です。

強いロッドになればなるほどアングラーの体力勝負となってきます。

自分に合ったロッドやリールを選ぶことが一番重要です。

タックル選びで一番重要なことは飛距離です。

ナブラが沸いているところに船が推進していくとナブラは沈んでいきます。

船が近づき切る前にルアーを着水させてアクションしないとなかなか釣れません。

5キロまではこのロッド

ロッドスペック

全長7〜74.ft
適合ルアー20〜30g
適合PE2号

近海のハマチやカツオやシイラはこのロッド!

小型回遊魚に使いやすいロッドです。

 

 

 

10キロまではこのロッド

シイラ・キメジ・ワラサなど中型青物は、max10キロクラスをターゲットにした近海で汎用性の高いロッドが必要です。

全長7.5ft
適合ルアー40〜60g
適合PE3号

 

 

 

 

20キロまではこのロッド

全長7.8〜8.2.ft
適合ルアー60〜100g
適合PE5号

ヒラマサ・キハダ・大型青物などは、max20キロクラスをターゲットにし、ダイビングペンシルも扱いやすいヘビー級ロッドが必要です。

 

 

 

 

30キロオーバー

全長8〜8.6.ft
適合ルアー7〜150g
適合PE6〜8号

GT・マグロなど30〜50キロクラスの大型魚は、リフトできるパワーをもった海外遠征にも使える超ヘビー級ロッドが必要です。

 

 

 

 

 

その他人気記事はこちら

ほぼステラは本当なのか?21ツインパワーを使ってみた感想
【2022年おすすめ】オフショアジギングルアー7選
【2022年版】ハイエンドモデルジギングロッド特集
【2022年版】美人釣りガール特選
青物ルアーおすすめ4選|ショアジギで“最強”と名高いメタルジグを超厳選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました