【2022年版】ライトゲームにおすすめのリール

アジングやメバリングなどの釣りスタイルを楽しむためには、専用のタックルを用意する必要があります。

軽いルアーを手返しよくキャストするためには、しなやかで繊細なロッドにスピニングリールを装着して、ライトラインを巻くのが一般的。

ここでは、海のライトゲームにマッチしたリールについて、詳しくご紹介しましょう。

ダイワやシマノから豊富にリリースされていますので、おすすめの機種をインプレを交えて公開します。

スポンサーリンク

ライトゲーム用のリールとは

海のライトゲームを楽しむのにマッチしたリールとは、ズバリ!小型のスピニングリールのことでしょう。

1グラム前後のジグ単や、極小のミノー・バイブレーション・シャッド・クランクベイトなどをキャストするのに、太いラインや大型のスピニングリールは要りませんからね。

番手でいうと、超極細のエステルラインなどを使いたいなら1000番、豊富なラインキャパで釣りスタイルの応用範囲を広げたいなら2000番でしょう。

C2000番という番手は、ボディが1000番でスプールサイズが2000番の、コンパクト2000番だと考えてください。

自重が軽くなってラインキャパが増えるので、とても人気が高いですよ。

ライトゲームには0.4号前後のエステルラインやPEラインを用いるケースが多いですから、このライトラインに番手を合わせていくのがベターではないでしょうか。

自重は200グラムを切るものが多いので、とても軽快にライトゲームを楽しめるはずです。

連続してキャストを繰り返しても、釣り場ほどんどん移動しながら変えていっても、疲れを感じない重さが嬉しいですね。

 

【2022年版】おすすめアジングロッド
この記事では、アジングにおすすめのアジングロッドを紹介!アジングは釣りの対象魚の中でもメジャーなアジを、ルアーで狙う釣りであり、多くの方から人気を集めています。今回はそんなアジングの中でも重要なアイテムであるアジングロッドを、選び方からおすすめ商品まで詳しく紹介。これからアジングロッドを初めて購入する方はもちろん、買い替えを検討している方にも参考になる内容となっています。

 

 

【2022年版】最強アジングおすすめワーム
アジングワームはアジを釣るための道具です。これからアジ釣りを始める方の中には、どんな種類があるかわからない方も多いですよね。今回はそんなアジングワームの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。人気のダイワ「月下美人」シリ...

 

ライトゲームのリールに求められる機能①ドラグ性能

 

ライトゲームのリールに求められる機能を考えてみましょう。

まずは、ドラグ性能。

フッキングの際に大きな負荷がかかりますから、カンタンにラインブレイクを発生させてしまうようでは、ライトゲーム用リールとしてはアウトです。

ロッドを縦方向に振り上げて、曲がりが発生した時点でスムーズに滑らかにラインが出ていくドラグ調整ができるもの、これが必須です。

ドラグを緩めておけばラインは出ていくじゃん!と思っている人がいますが、それだとフックが貫通しません。

きちんとフッキングが完了してから、ラインが滑り出していくドラグが理想的です。

最初は強めにドラグノブを締めておいて、ラインがほぼ出ない状態で釣りを実践してみましょう。

それでバラシやラインブレイクが発生するようなら、徐々に緩めていくようにすれば、その日のベストな締め具合をつかめますよ。

キャストの勢いでジーッとラインが出てしまうようでは、ちょっと緩め過ぎかもしれませんね。

ライトゲームのリールに求められる機能②ギア比

ライトゲームのリールに求められる機能として外せないのは、リトリーブの滑らかさです。

例えば、ジグ単。

キャストしてフォールさせている間のバイトを取りたいなら、ラインスラックを一瞬で回収できるハイギアモデルが適しています。

でもフォールの後、意図した層を丁寧に横方向に探りたい・地形変化を微妙にタッチしながらトレースしたいと考えたとき、回収スピードの速やかさよりも、ゆっくりとストレスや雑味なくリトリーブ可能なローギア・ノーマルギアモデルに比重を置きたくなりますよね。

ライトゲーム用に作られたスピニングリールには、スローリトリーブに適したギア比のものが、数多くラインナップされていますよ。

まだリトリーブで釣ったことのない人や、リトリーブによる有効性を追求している人には、ぜひギア比の低いスピニングリールを試してもらいたいですね。

「ハイギアのリールをスローに巻けばいいんじゃないの?」

それが出来る人は、それでOKです。

ライトゲームにおすすめのリールをピックアップ!

それでは、ライトゲームに適したおすすめのリールを取り上げてみましょう。

ダイワやシマノのリールなら、1000番から2000番の番手が充実していますし、ドラグ性能の良いものが揃っていますよ。

ギア比もハイギア・ローギアどちらからでも選べるので、初心者アングラーにはこの2つのメーカーを強くおすすめします。

販売価格の安いものも用意されているのが嬉しいですね。

 

小型スピニングリール新基準「LT」。LT化によりこの価格帯で、なんと220g(2500番)を達成!(前モデル比-30gの軽量化)。タフデジギア。エアローター搭載。ATD搭載。ロングキャストABSスプール搭載。この価格帯とは思えない見た目の高級感*RCS ハンドルノブ(S)交換可能18FREAMS、19LEXA、18LEGALISとスプール互換性あり。

 

 

2020年にリリースされたダイワの小型スピニングリール・レブロスです。

とにかくコスパが優秀で、この番手で実売価格が1万円を下回っていますよ。

自重200グラムと軽めで、ハンドル1巻きで81センチものラインを回収することが可能なハイギア仕様です。

ラインキャパは、PEラインの0.4号で200メートル巻けますからじゅうぶんでしょう。

実際に手に取ってみると、ハンドル周りのコンパクトさに惹かれます。

掴みやすくて回しやすい、力をさほど込めなくても滑らかに回転運動を継続してくれるのがいいですね。

0.4号のエストルラインを巻いて、1グラムのジグ単をフィールドでキャストしてみました。

いきなりメッキに追いかけられましたが、フォールでバイトに持ち込んで軽くロッドを立てるとフックアップ。

そのまま下に突っ込まれて、そこから横方向へギュンギュン泳がれましたが、ドラグがジジッと出てバラさない程度のラインテンションを保ってくれます。

魚が弱るまでやり取りを楽しめますし、ランディングに持ち込むのもスムーズ。

この安い価格でライトゲームの基本的や扱い方をこなせるのですから、ぜひ試してもらいたいですね。

0.4号クラスの太さなら、糸ヨレも気になるほどではありませんでした。

ラインローラー付近に溜まるゴミなどは、定期的に取り除いてあげるようにしましょう。

 

アルテグラは1万円台前半ほどで購入できるリール。
この価格帯の中では非常に巻きの滑らかさに優れていて、スムーズな巻き感に関しては頭一つリードしている存在。

ライバル機種のフリームスとは特徴が違い、スムーズでヌルヌルした巻き心地のリールを探している方におすすめ!

 

シマノのヴァンフォードは超軽量で、中級機種のリールとしては最高クラスの巻きの軽さを誇るリール。

繊細な仕掛けを使うライトゲームにおいて、巻き出しの軽さはルアーの操作感をダイレクトに伝えてくれるメリットが大きい。

2万円前後のミドルクラスのリールを探している方に、イチオシはヴァンフォードかな!

 

 

こちらも2020年に発売されたダイワの超軽量スピニングリールです。

自重150グラムしかありませんから、究極の持ち重りの無さを体感できるでしょう。

ザイオン素材を使ったモノコックボディは、軽さと剛性感を両立させています。

その恩恵は、滑らかでスムーズなリトリーブに表れていますよ。

この機種には、ギア比5.1対1のノーマルギアが搭載されていて、ハンドル1回転で67センチのラインを巻き取ることができます。

ハイギアモデルよりは少ないですから、ゆったりとスローにルアーをリトリーブするのに向いているでしょう。

ラインローラーのラインキャッチも確実で、巻き取りの際の違和感はほぼ皆無。

安定した巻きの最中に発生するバイトや、地形変化をとらえた感触には、すぐに対応できるのがいいですね。

特筆したいのは、このモデルに採用されているラインストッパー。

パーフェクトラインストッパーと命名されていて、スプールの側面に幅広いデザインで装着されていますよ。

太目のショックリーダーラインでも極細のエステルラインでも、しっかりと保持してくれるので、急にスプールからラインが垂れ下がってしまうトラブルを解消してくれます。

 

シマノ リール 18 ステラ 1000SSSDH
釣具のキャスティング 楽天市場店

ヴァンキッシュやルビアスエアリティよりも重たいリールになるが、剛性・巻きの上質感においては間違いなくトップクラスのリール。

負荷を掛けても重たくならず、スムーズに巻ける強さと初期の使用感の継続性はステラ独特の使用感がある。

PEラインを使って負荷を掛けた使い方をするのであれば、ステラの強さがより発揮されるね!

 

ライトゲーム用スピニングリールを駆使してアジングやメバリングを楽しもう!

ライトゲームに適したリールの特徴や注目点、おすすめの番手・機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

これからアジングやメバリングを始める人は多いでしょう。

ロッドやライン・ルアーなどを同時に買い揃えるとなると、あまり高額なリールに手を出すのは難しくなります。

ダイワやシマノからは、この点にも考慮したラインナップが用意されているので、予算に見合ったリールを選べるのが、ライトゲームへのハードルを下げている要因になっているでしょう。

釣り経験値がアップしてきたら、ハイエンドモデルにもチャレンジしてみましょう。

その他人気記事はこちら

ほぼステラは本当なのか?21ツインパワーを使ってみた感想
【2022年版】オフショアキャスティングロッド特集
ジギングリールはどれにすればいい?スピニング編
【2022年おすすめ】オフショアジギングルアー7選
【2022年版】ライトゲームにおすすめのリール

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました