【2022年版】エギングロッドおすすめ|初心者から上級者まで

この記事では、アングラーに人気のおすすめエギングロッドをご紹介!エギングロッドのおすすめ製品情報とともに、初心者や上級者にも役立つ購入時の選び方や比較方法についても解説しています。

エギングは初心者でも比較的挑戦しやすい釣りですが、ロッドを正しく選ぶことでより快適に楽しめ、ステップアップの近道もできるようになります。上級者の方もぜひ本記事を参考にして、お気に入りのロッドを見つけてみてください。

 

その他人気記事はこちら

ほぼステラは本当なのか?21ツインパワーを使ってみた感想
【2022年おすすめ】オフショアジギングルアー7選
【2022年版】ハイエンドモデルジギングロッド特集
【2022年版】美人釣りガール特選
青物ルアーおすすめ4選|ショアジギで“最強”と名高いメタルジグを超厳選!
スポンサーリンク

エギングロッドとは?

エギングロッドとはアオリイカをエギという擬似餌で狙うときに使用するロッドになります。エギングはエギに激しいアクションを加える必要があるためシャキっと硬めに作られている傾向があります。

またアオリイカは非常にあたりがとりずらいです。そのため竿先の感度を高めたロッドが非常に多くあります。

またエギングロッドの長さは7ft(210cm)〜9ft(270cm)まで幅広くあります。人気の長さは8ft台になります。私がメインで使っているロッドは8.6ftです。

 

つまりエギを意図したとおりにアクションさせる操作性と、アオリイカのアタリを感じられる感度の高さを重視して作られたロッドなら、エギングロッドとして使いやすいと言えるでしょう。

 

エギングロッドの選び方は?

まずは、エギングロッドの選び方について長さや硬さ、重さなどの観点から解説します。エギングは、ロッドをきちんと選べばエギを快適に扱える一方、不向きなロッドでは思うようにエギにアクションをつけられないエギが海中のどこにあるのかも感じ取れないといったことが起こります。そのため、最初にロッドの選び方を知ることが大切です。

ポイント5選

  • 最初の1本におすすめのエギングロッドの長さは8フィート6インチ
  • エギングロッドの硬さは『ML』がオールマイティーに使える
  • エギングロッドの重さは自重が軽いものがGOOD
  • アウトガイドとインターラインの特徴を比較
  • 幅広く釣りを楽しむなら万能エギングロッドという選択肢も

 

最初の1本におすすめのエギングロッドの長さは8フィート6インチ

エギングロッドは、一般的に7フィートから9フィート台までラインナップされているいます。その中で使い勝手が良いのは、中間的な8フィート6インチのモデル。

エギのアクションのしやすさを重視するならそれよりも短めの7フィート台飛距離を重視するならそれよりも長い9フィート台のロッドを選ぶのがおすすめです。

エギングロッドの硬さは『ML』がオールマイティーに使える

エギングロッドの硬さは他のルアーロッドと同じように、柔らかい方から「L(ライト)」「ML(ミディアムライト)」「M(ミディアム)」「MH(ミディアムヘビー)」とアルファベットで表記されています。

これらは使うエギのサイズに合わせて選びます。よく使われる3~3.5号が扱いやすいのが「ML(ミディアムライト)」のエギングロッドです。

それよりも軽い2.5号などのエギを使用したいなら「L(ライト)」、4号などの重いエギを使用したければ「M(ミディアム)」や「MH(ミディアムヘビー)」のロッドを選ぶのがおすすめです。

エギングロッドの重さは自重が軽いものがGOOD

エギングは、アオリイカを誘うためにロッドを高く跳ね上げてエギを操作する必要があります。そのため、ロッドの自重はできるだけ軽い方が意図した通りに操作しやすく、長時間釣りをしていても疲れにくいです。

しかし、スペック上は軽そうに見えても、実際に釣り場で使ったときに持ち重りを感じるロッドもあります。お店で購入するときは実際にリールをセットした状態で、バランスを確認してみることがおすすめです。

アウトガイドとインターラインの特徴を比較

エギングロッドに限らずルアーロッドは釣り糸を通すためのガイドリングがロッドの外側に装着されているアウトガイドのものが一般的ですが、エギングロッドにはラインをロッドの中に通すインターラインというモデルがあります。

インターラインロッドのいちばんのメリットはライントラブルが少ないこと。エギングで使われる釣り糸はPEラインといって、細く強いですがコシがなく軽いラインです。そのため風にあおられてふわふわしてしまい、とくに横風が強いときなどは釣りをしているときにガイドに絡まってしまいやすいのです。そんなライントラブルを気にせず使えるのがインターラインのエギングロッドです。

ただし、インターラインロッドはラインに付着している海水の塩分や汚れがロッド内に入り込んでしまうので長く使うためには毎釣行後の洗浄などこまめなお手入れが欠かせません。また、構造上どうしても一般的なロッドより竿先が太くなってしまうので、持ち重り感が気になるという人もいます。

またインターラインろロッドは海水が乾いて塩の結晶ができ、キャスト時の飛距離が出にくくなることがあります。私は釣行時にメンテナンス用の真水を持参していきます。

一方のアウトガイドロッドはお手入れが簡単で、またラインにかかる抵抗が少ないためキャストの飛距離を出しやすい傾向があります。

どちらにも一長一短あるものの、初心者がまず1本エギングロッドを買うのであれば他のルアーロッドでも一般的なアウトガイドを選ぶのがおすすめ。使い込んでみてからライントラブルなど不満があればインターラインロッドの購入を検討してみましょう。

幅広く釣りを楽しむなら万能エギングロッドという選択肢も

エギングロッドはエギングだけでなく、シーバスフィッシングやライトショアジギングなどにも使える万能ロッドという性格も持っています。

エギを遠くまで投げてアクションさせる軽快な操作性とアオリイカのアタリを察知する感度の高さは、エギング以外でも多くの釣りで重宝される特徴です。シーバスやロックフィッシュ、ライトショアジギングなどルアーフィッシングから、堤防でお馴染みのサビキ釣り、ちょい投げ釣り、穴釣りなどもエギングロッドが1本あれば楽しむことができます。

1本のエギングロッドで幅広い釣りを楽しみたいと思っている方には、「M(ミディアム)」パワーで8フィート台の長さのものエギングロッドがおすすめ。釣り方や釣り場に関わらず、多くのシチュエーションをカバーできるスペックです。

 

 

エギングロッドおすすめ

ダイワが販売している、低価格なのに高い基本性能を持つエギングロッドです。特にトップガイドに採用されているSiCガイドは、上級機種にも採用されている硬度の高い素材で作られたガイドです。

さらにSiCガイドはとても滑らかな表面をしているため、釣りの際のラインへの負担が少ないのが特長。また、アウトガイドとインターラインがラインナップされており、両者の中から好きなモデルを選ぶことができます。

おすすめの番手は862Mです。

 

メジャークラフトが販売しているコストパフォーマンスの良いロッドです。低価格ながら感度や軽さなどは他の上位機種に迫るものとなっています。

特に、ガイドは信頼の富士工業製で頑丈なステンレスフレームのものが採用されており、ラフに扱っても曲がったり折れたりしにくく安心です。また、このロッドのグリップは握りやすさを追求してデザインされています。

おすすめの番手はSPX-832Eです。

 

ロッドを補強することによって粘り強さを向上する技術のスパイラルXコアや、軽さと感度の高さが特長のカーボンモノコックグリップなど、シマノが誇る最先端技術を惜しげもなく使用したエギングロッドです。

さらに、1ピースロッドに迫る曲がりの美しさも魅力的。綺麗に曲がることで力のロスがなく、大きなイカでも余裕を持ってファイトできます。

おすすめの番手はS86MLです。

 

 

軽さに磨きをかけた、ダイワ史上最軽量のエギングロッドです。シリーズ最軽量モデルの「75MLM」はなんと76g。

感度面においては、軽量で剛性も高いAGSガイドと呼ばれるガイドを使用することによって、高い感度を実現。グリップには手感度を高めるための形状工夫がなされた、エアセンサーシートが採用されています。

シャキッとしたキャストフィールを持ちながら、大きなアクションを軽い力で行えるブランクスに設計されています。

おすすめの番手は74MMHです。

 

 

クロスフォースと呼ばれる、カーボンシートをX状に巻き上げることで粘り強さを向上させるブランクス補強技術が使用された、コスパが良いエギングロッドです。

低価格で本格的なロッドの性能を体感できるのがこの商品の大きな魅力。軽さや感度など、全ての要素において高いレベルに仕上げられています。

細めになったロッドはスイング時に空気抵抗を受けにくいため軽い力でのキャストもしやすく、エギのキャストに慣れていない方でも飛距離を出しやすいです。

おすすめの番手はCRX-S862ELです。

その他人気記事はこちら

ほぼステラは本当なのか?21ツインパワーを使ってみた感想
【2022年おすすめ】オフショアジギングルアー7選
【2022年版】ハイエンドモデルジギングロッド特集
【2022年版】美人釣りガール特選
青物ルアーおすすめ4選|ショアジギで“最強”と名高いメタルジグを超厳選!

エギングロッドを選ぶことは、釣りを快適に始めるためには重要なことです。そのため、公式HP上のスペックだけを見て決めてしまうのではなく、インプレ記事や口コミなどを見ることをおすすめします。

多くの人が高い評価をしていたり、評判の良いロッドはあなたにとっても良いロッドであることが多いので、エギングロッドを購入するときには他人の評価を参考にすることが重要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました